スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うろ覚え昔話 桃太郎

昔々‥‥。
あるところに、お爺さんとお爺さんがおりました。

ある日のこと、いつものように
お爺さんは山へしば刈りに。
お爺さんも山へしば刈りに。

そうして二人がしばを刈っていると、ふと川の上のほうから
どんぶらこっこ、どんぶらこっこと
それはそれは大きな桃が流れてくるではありませんか。

「あれまあ、なんと大きな桃じゃ。
 お爺さんに持っていってやったら、喜ぶかのう」
とは誰も言いませんでしたが
そうしているうちに、大きな桃はやがて、どんぶらこっこと
川岸へと流れつきました。
しかし、川には誰もいないのでとくになにもおこりません。
お爺さんとお爺さんは、大きな桃に気がつかないまま仲良く
しばを刈って帰りました。

次の日もその次の日も、お爺さんとお爺さんはしば刈りに。
いっこうに桃に気がつく様子もありません。
そうして10年の月日が経ちました。

「おや、こんなところに桃がおる」
「本当じゃ、本当じゃ」
ある日のこと、いつもとは違い
川に洗濯にきたお爺さんとお爺さんは
それはそれは大きな桃が流れついているのを見つけました。

「どれ、こんな大きな桃なら、二人で食ってしまおうか」
「おお、それがええ」
お爺さんとお爺さんは、大きな桃に喜ぶと
早速、いつもしばを刈っていたナタを頭の上まで持ち上げて
えいやと振り下ろしました。

スパーン!

すると、なんということか。
まっ二つに割れた、大きな桃の中から
元気よくお爺さんが飛び出してきたではありませんか。
「なんじゃ、なんじゃ」
「いったい、どうしたことじゃ」
これにはお爺さんとお爺さんもびっくり仰天です。
しりもちついた二人に向かって、桃から出てきたお爺さんは
言いました。

「ワシは桃から生まれたから、桃太郎というものじゃ。
 生まれたばかりで行くところもない
 よければお前さん方の家さ、住まわせてはもらえんか」

「はあ、桃から生まれるとは不思議なこともあるものじゃ」
「まあ、爺さま同士じゃ。仲良くやろう」
気を取り直したお爺さんとお爺さんは
頼みこむ桃太郎を、こころよく家へと招きました。

こうして、三人になったお爺さんとお爺さんとお爺さんは
末永く幸せに暮らしたそうな。

めでたし、めでたし。

コメント

コメント投稿フォーム


管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURI

side menu

羽アイコン 最近のおすすめボカロ動画

2012年 6月 17日
六兆年と一夜物語
2012年 6月 15日
モザイクロール
2012年 6月 13日
如月アテンション
2012年 6月 11日
アイロニ
2012年 6月 9日
からくりピエロ

羽アイコン 記事検索

羽アイコン 新着コメント

羽アイコン つぶなう

Powered By FC2 blog

FC2Ad




【Template】
FC2blogの着せ替えブログ
【Illustration】
オレンジジュース100%

side menu

羽アイコン 最新の記事

羽アイコン 月別アーカイブ

羽アイコン カテゴリ

羽アイコン リンク

羽アイコン おすすめゲームサイト 総合

@games
動くアバターで、みんなで遊べちゃう!
ハンゲーム
基本プレイ無料ブラウザゲームサイト
フラシュ
国内、海外のフラッシュゲームを紹介
ふりーむ!
無料ダウンロードゲームが2000本!
フリップ!
新進気鋭、無料パソコンゲームが色々
モバゲーPC
みんなで遊べるゲームがいっぱい
無料ゲーム総合サイト
MMOを中心にパソコンゲームが大量

羽アイコン おすすめゲームサイト 個人

SilverSecond
コメディノベル、爽快アクション
TOMOSHIBI.NET
本格3DアクションRPG
えびふろ
探索型の謎解きアドベンチャーが中心
犬と猫
やりこみ型育成シミュレーション(有料)
絶対絶滅電磁ビーム
3DアクションRPGを製作中

FC2 Blog Ranking

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。